大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » お知らせ, 相続の基礎知識 » ペットに対する遺産相続

ペットに対する遺産相続

2012/11/30

「ペットに遺産を相続させる事はできますか?」といった相談を受ける事があります。

日本の民法ではペットに直接相続させる事はできません。
ペットには法律上の権利能力(財産や権利の主体となる能力のこと)がないため直接ペットに遺産を相続させることはできません。

こういった場合は「負担付遺贈」を利用します。

ペットの世話をすることを条件として、世話をしてくれる特定の人に遺産を遺贈します。

負担付遺贈の内容を記載した遺言を作り、併せて具体的な世話の仕方を書いた合意書を作成しておきます。

また、合意書の内容が確かに履行されるかどうかを監督する為に、第三者を遺言執行者として予め決めておくといいでしょう。

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab