大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » お知らせ, 業務日誌 » エンディングノートの書き方

エンディングノートの書き方

2012/09/25

皆さんはエンディングノートってご存知でしょうか?

今日、朝の番組「はなまるマーケット」で特集されていました。

エンディングノートとは、簡単に言うと自分の万一に備えて自分の希望を書き留めておくノートの事です。

遺言も同じような意味をもつものですが、遺言は財産の分配の方法や金額などを法的に示すものです。それに対して、エンディングノートは時に決まった方式があるわけではなく自由に自分の事を書くものです。

例えば、家族へのメッセージ、病気になった時の延命措置の希望、葬儀に関する希望、自分の考え方などを書き記します。

これらを遺言の中に付言事項として盛り込むことも不可能ではありませんが、枚数が増えると費用も高くなるので、財産の事は公正証書遺言に、他の内容はエンディングノートに、といった方法がよいかもしれません。

当事務所では遺言を作られた方にエンディングノートをプレゼントします。

遺言と一緒に保管して万一の時に、ご家族に一緒に見せればご家族の負担を減らせると思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab