大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » お知らせ, 業務日誌 » 生前贈与と相続についてのご相談

生前贈与と相続についてのご相談

2012/07/19

暑い日が続きますね。

最近、生前贈与のご相談が多いように感じます。

贈与税と相続税を比較した場合、当然相続税の方が税率は低いのですが、生前贈与をうまく活用すれは節税になります。

例えば相続時精算課税制度の利用や110万円までの暦年贈与などはよく知られていますが、これらも事前に専門家の相談しておく事をお勧めします。例えば110万円を10年かけて毎年贈与した場合、最初から1100万円の贈与の意思があったと税務署に判断される可能性もあります。

相続を待つ方がよいのか?

遺言を書いておいた方がよいのか?

生前贈与をする方がよいのか?

このバランスは相続人の数や遺産の額により変わりますので、慎重に調査しておく必要があります。

生前贈与については後日詳しい記事をアップ予定ですのでどうぞご参考にして下さい。

塩津

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab