大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » 遺言の基礎知識 » 遺言執行者

遺言執行者

遺言執行者とは、遺言書の内容を具体的に実現する人をいいます。遺言書に書かれている
内容・趣旨にそって、相続人全体の代理人として財産を管理し名義変更などの各種の手続を
行います。
遺言執行者は、遺言で指定されている場合と、家庭裁判所により選任される場合とがあります。

民法1010条
 遺言執行者がないとき、またはなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によっ
てこれを選任することができる
  
・遺言執行者がないとき・・・①指定または指定の委託がない、②指定された者が就職を拒絶している場合など。
・遺言執行者がなくなったとき・・・遺言執行者につき死亡、解任、辞任、資格喪失などの事由が生じた場合。

なお、申し立ての際には、遺言執行者の候補者を推薦しておきます。

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab