大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » 遺言の基礎知識 » 遺言書を発見した時は?

遺言書を発見した時は?

遺言書の検認が必要です

公正証書遺言以外の遺言の場合には遺言書の保管者又は遺言を発見した相続人は、相続の開始を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出してその検認を受けなければなりません。

ただし、公正証書遺言の場合はこの検認の手続きが不要になります。後々の手間を省く為にも遺言は公正証書で作成することをお勧めします。
また、検認を経ないで封印された遺言書を家庭裁判所以外で開封すると5万円以下の過料に処されます。
ただし、検認を経ないで開封したとしても、これによって直ちにその遺言書の効力が失われるものではありません。

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab