大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » 遺言の基礎知識 » 遺言の書き方と種類

遺言の書き方と種類

自筆証書遺言

遺言者が全文を自分で自筆、署名、押印して作成し、自ら保管します。紙とペンがあればいつでも作成でき、内容を秘密にできたり、費用がかからない等のメリットがあります。しかし、様式不備でせっかくの遺言が無効になったり、紛失、隠匿、偽造の恐れがあります。

公正証書遺言

遺言者の意思に基づいて公証人が遺言書を作成し、原本を公証役場に保管します。様式不備の恐れがなく、紛失や偽造などの恐れがないのがメリットです。最もお勧めの遺言方式です。

秘密証書遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言との中間的な方式です。手間がかかるわりにメリットがあまりないので、実際は殆ど利用されることはありませんが、内容を秘密にすることができます。

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab