大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » 相続の基礎知識 » 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成

ここでは遺産分割協議書の作成についてご説明します。

相続人の確定と相続財産の調査が完了した後、遺産分割協議書の作成にはいります。

まずは必要書類です。

①遺産分割協議書作成の必要書類

1、相続人全員の印鑑証明書

2、相続人全員の実印

必要書類はこれ以外には特にありません。

次に書き方です。

②遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書には特に決まった書式があるわけではありませんが、注意しなければならない点がいくつかあります。

1、協議は法定相続人全員で行います。

被相続人の出生から死亡までの戸籍を集め法定相続人を確定した後、全員が協議に参加する必要があります。ただし、全員が同日に同じ場所に集まる必要があるわけではなく遺産分割協議書案を1通作成し郵送などで署名、押印してもらうという方法もとれます。

2、法定相続人全員の署名、押印

記名押印でも法的には有効ですが、後のトラブルを避けるためにも署名と実印の押印が望ましいです。不動産登記や銀行の手続きには実印の押印と印鑑証明書が必要です。

3、不動産の記載は登記簿謄本どおりに

不動産の記載は住所の記載では登記ができません。必ず、法務局で登記簿謄本(全部事項証明書)を取得しその記載どおりに正確に記載してください。

4、銀行口座などの金融機関の財産も正確に

銀行等は銀行名、支店名、口座番号まで正確に記載してください。

5、遺産分割協議書が複数にわたる場合や同文複数枚作成する場合は割り印をします。

6、法定相続人全員の印鑑証明書を添付

 

以上が注意すべき点です。

 

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab