大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » 相続の基礎知識 » 遺産相続の流れ

遺産相続の流れ

ここでは遺産相続の一般的な流れをご案内します。

相続というと不動産の名義変更や銀行口座の解約、相続税の申告が手続きの中心となりますが、

その手続きには戸籍を収集し相続関係図を作成、財産目録の作成、遺産分割協議を経て遺産分割協議書の作成が必要になります。

その後、税務署、法務局、金融機関などの機関に対して順番に手続きをしていくことになります。

下記に一連の流れをご紹介します。

相続手続きの流れ

相続手続きフローは下記のようになります。順番に見ていきましょう。

①相続人の調査及び確定

まず最初に着手するのが、相続人の調査です。

相続人が誰になるか?を証明するものは戸籍謄本、除籍謄本です。これらを被相続人が生まれた時から亡くなった時まで全て集めることになります。戸籍の中にはその方の配偶者、子供、親、養子全て記載されているので民法に従い相続人を探し出します。

銀行も法務局もこれら全ての戸籍と戸籍をもとに作成した相続関係説明図の提出を求めます。

正確は本籍地が分からなかったり、市町村合併で本籍地を管轄している役所がどこかを調べたり、本籍地が遠方のケースがあったりと、以外と手間のかかる手続きです。

②財産調査及び財産目録の作成

被相続人名義の全ての財産を目録にします。一般的には不動産、銀行預金、車、株式などですが、この時注意するのは負の財産です。つまり借金や負債などがあるケースもあるので調査が必要です。詳しくは「遺産相続における債務調査」をご覧ください。

財産の評価額は相続開始時(死亡時)に額で計算します。

③相続方法の決定

財産調査によって財産がプラスなのかマイナスなのかを確認し、相続をするのか、放棄するのかを決定します。プラスならばいいのですが、借金の額の方が多い場合などは相続放棄をする選択を検討する必要があります。

相続方法の決定は相続開始時から3ヶ月以内にしなければいけません。この期限を過ぎると自動的に単純承認したことになり、全ての財産や借金を相続することになります。

死亡後3か月という期限はあっと言う間なので、できる限り早く相続手続きの準備を始めることが大切です。

④遺産分割協議書の作成

相続人が確定し、財産目録の作成が出来たらいよいよ遺産分割協議です。相続人全員で話し合い全員の合意のもとに遺産分割協議書を作成します。

一般的にはそれぞれ本人が署名し、実印の押印と印鑑証明書の添付が必要ですので、一人でも協議に参加しない、協力しないとなると相続手続きがストップします。相続人同士で揉め始めると大抵の場合は長引きますので、協議書の作成には始めから行政書士などの専門家に入ってもらうことをお勧めします。

⑤各相続財産の名義変更手続き

遺産分割協議により相続財産の分配方法が決まったら、各相続財産の名義変更にはいります。不動産は法務局へ、銀行口座は各金融機関へ、株券、自動車などの名義もそれぞれを管轄する証券会社や陸運局へ名義変更の手続きを行います。

これら各所への手続きの書類は、遺産分割協議書、印鑑証明書、戸籍一式は共通ですが、それぞれが定める申請用紙がありますので、それらの書類も作成することとなります。

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab