大阪の遺産相続、名義変更、遺言作成なら行政書士塩津総合法務事務所

HOME » 相続の基礎知識 » 相続税の計算

相続税の計算

相続税の計算の具体的なステップ

相続税の計算は4つのステップで行います。

1.遺産総額を出す

相続人各人が実際に取得した遺産の額に、生前贈与分、みなし相続財産分を加算し、債務、非課税財産、葬儀費用などの差し引き分をマイナスします。

これで各人の課税価格を計算し、相続人全員分を合算します。

これが遺産総額です。

2.課税される遺産の総額を出し、遺産の相続税の総額を求める

1.で算出した遺産総額から基礎控除額(3,000万円+法定相続人の数×600万円)を引きます。

これが「実際に課税される遺産の総額」です。

この時、差し引きした結果がマイナスになる場合は相続税の対象ではありませんので、計算は終わりです。

「実際に課税される遺産の総額」を相続人が法定相続分割合で分割すると仮定して、各人の相続財産を出します。そして、各人の相続税を算出し、これを合計して遺産の相続税の総額を出します。

3.相続財産の比率で各人の配分する。

相続税の総額を、各人の実際に取得した相続財産の比率で比例配分します。下記の計算式になります。

相続税総額×各人の遺産の取り分/遺産総額=各人が実際に負担する相続税額

4.2割加算と税額控除を行う

最後に、相続人各人によって加算分(相続人によって2割加算など)あるいは税額控除などで調整し、実際の「納付すべき税額」を出します。

お問い合わせはこちら

行政書士塩津総合法務事務所
代表者 行政書士 塩津大輔
〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番24号 エルデ大手前10F
TEL:06-4792-8802
FAX:06-4792-8803
MAIL:info@office-souzoku.net
営業時間10時〜18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab